南澪会合唱団 団長 尾崎 納

皆さんは大阪市の市章をご存知ですか?

下記のマークが市章で、「みおつくし」と言って「澪標」と書きます。「澪」は河海の中の深い水脈の意です。航路に立てられる安全航行標識を意味し、明治二十七年に制定されています。私たち南澪会の団名はそこから来ています。「旧制大阪商科大学」・「新制大阪市立大学」の校章も「みおつくし」を取り入れています。澪会合唱団は「旧制大阪商科大学」と「新制大阪市立大学」のグリークラブOBが立ち上げた男性合唱団が母体です。現在はオープン形式を取り入れ、色とりどりの人で構成される愛すべき合唱団になっています。南澪の地ナニワに陣を張り大いなる声を張り上げ、この地を揺るがせている訳です。

男だけの合唱団、それもかなり高齢な20~80歳代の集まり、意気は軒高。毎年2回の舞台を持つため、全世界の歌を取り上げ、研鑽に疲れつつも、モチベーションを高め奮闘するグループ南澪会合唱団であります。

我と思う者よこの地に集え!

 

 

 

このマークが市章です。